キャッシングの解約についての知識

即日でキャッシングをして、カードを貰ったと言う事実もありいざ返済が完了した時にカードをどうするかと考えるはずです。いつでもお金に困る場合もあり、カード会社からはそのまま持っておいた方が得ではないかと言われる事もあります。そんな時にどうしたらいいのか考えた事がありますか?

カードの手続きは行った方が得

即日でキャッシング出来て、返済も終わり手元に残っているのはカードだけです。いつでも、引き出し可能と言う安心感もあり持っておいた方がいいかと考えるのは普通です。もちろん、次回借りる時に面倒な審査を通さなくて済むので、時間に追われる事を心配して持っておく人もいる様です。

又、借りたキャッシング会社からは持っておけばいつでも引き出す事が可能なので、もしもの時のために持っておいた方が無難ですよと言われます。

しかし、持っておくだけで無限にお金がある様な感覚になってしまい、面倒なく引き出しが出来る分、つい多めに使ってしまう可能性もあります。そのため、自分が誘惑に負けてしまいそうだと感じるなら面倒な手続きを壁にしておいた方が無難です。

大きなローンの壁になる事もある

今借りた時には関係ないかも知れませんが、実際にカードを破棄しておらず、電話で契約を解約する様に言っていなければ契約中となり、住宅ローンなどの大きなお金を借りる時の弊害になってしまいます。又、不動産担保ローンなどの様に多額レベルのお金を借りる際にも審査に影響がありますから、確実に解約を行った方が得だと言えます。

もちろん、すぐにお金が必要になる場合などは例外ですが、暫く出費に響きそうにないならすぐに解約を求めた方が良いです。加えて、契約中となっている主な理由では契約書を返して貰ってない、カードを破棄していない、電話で解約の旨を伝えていないと言う理由があります。

即日キャッシングは一日でも契約中となる

たったの一日であっても契約中は契約中となります。そのため、即日キャッシングで即日で返済したとしても消費者金融的には契約中の顧客として残されています。これは、上記に記載したカードを破棄したりと言う過程を通っていないためであり、即日で借りた場合は得に注意です。

一日で返済可能となった現在では、ついカードの解約を忘れてしまう事もあります。そのため、一日だけしか借りていない場合でも上記の手順を踏まえて解約をする事をおすすめします。

キャッシングに解約を絶対に必要

即日キャッシングの時にこそ、つい忘れてしまいがちな解約手続きですが大きなローンを組む際の審査に影響が出るため解約が重要となります。

すぐにお金を引き出せると言う安心感は素晴らしい物ですが、時間が経つにつれて自分の貯金だと言う感覚になる事もあります。返済がきちんと出来る、出来ないに関わらず面倒であっても手続きを済ませた方が将来的にも得になる事が多くなっています。